2020年08月23日

 

こんにちは!

 

本日は近年増えている頭皮のお悩み『薄毛』についてお話していきます。

男性ではなく、女性の薄手でお悩みの方が
増えていること皆様ご存知でいらっしゃいますか…??

女性薄毛は男性に比べるとそれほど多くはないといわれていますよね
ですが、とある調査によると女性の約10%が薄毛に悩んでいるという結果が出ています!

女性の薄毛は更年期に差しかかったくらいの、
40歳~50歳位から気になりだすという方多いものの、
近年では20歳~30歳位の若い女性でも薄毛に悩んでいるという女性も多くいらっしゃいます。

また、自分自身で鏡で髪の毛を見て薄毛を気になりだしたという方もいらっしゃれば、
家族など他人から『はげてきている』
『なんだか分け目見えやすくない?』と言われたなど薄毛であることを指摘されて気づいたという方もいらっしゃいます。

男性型の脱毛症のことをAGAというように呼び、
この言葉は聞いたことのある方も多いかもしれません。

一方で女性型の脱毛症のことはFPHL(female pattern hair loss)というように呼ばれています。

 

🔻女性の薄毛の兆候とは?

 

 

女性の薄毛はAGAと異なる点がいくつか見受けられます。

男性の場合、前頭部や頭頂部が薄くなることが特徴で、
頭の上から円状に薄くなっていくという方や、
前髪の生え際が徐々に後退していくという形で髪の毛が抜けていきます。

ですが、女性の場合基本的なヘアラインと言われる髪の生え方や髪型は変わらないものの、
頭頂部を中心に広い範囲で抜け毛が見られるようになります。

ですので、

 

・髪の毛のボリュームが少なくなった
・髪を触ると頭皮に触れるようになった
・髪の毛にハリコシがなくなったように感じる
・分け目が見えやすくなった

という形で抜け毛に気づくことがあります。

30代の平均毛髪数は3本程度なのですが、
40代の平均毛髪数は約2.2本、
50代は約2.0本と徐々に減っていっており、
これが薄毛に関与しているということが考えられています。

また、少し触っただけで髪の毛が抜けやすくなった、
くしで髪を梳かしたりシャンプーをした後に抜け毛がたくさん見られるようになったりということが薄毛の兆候として見られるようになります…!

 

🔻女性の薄毛の原因は?

 

薄毛の原因は、主に生理的なものと病的なもの、
生活習慣によるものに大別されます。

🔹加齢

 

生理的なものには加齢とホルモンバランスがあります。
先ほどもご紹介したように、女性の薄毛は更年期以降に増加する傾向にあります。
これは年齢を重ねるごとに髪の毛が軟毛化していくことが挙げられ、
特に40歳代から髪の毛が細く軟わらかくなっています。

 

また、50歳代以降ではヘアサイクルが変化していき、
成長期の毛髪の割合が減少して休止期の毛髪の割合が増加していきます。
これによって抜ける髪の毛の量は増えていくのに発毛量が減っていくため薄毛になっていきます。

 

🔹ホルモンバランス

 

また女性のホルモンバランスは年齢によって変動があり、
40歳代から50歳代に入ると閉経を迎える方が増え、
ホルモンバランスがそれまでとは異なるようになります。

女性ホルモン濃度が高ければ高いほど髪の毛の成長を止めたり、
退行させる時期に移行しにくくなるため髪の毛が抜けにくいのですが、
女性ホルモンの濃度が下がれば下がるほど髪の毛の成長を遅くし、
退行期を早めてしまうため、
髪の毛が抜け落ちやすくなっていくということが考えられています。

妊娠中は髪の毛が全然抜けずしっかりと生えていたのに、
出産後急に髪の毛が抜け落ちるようになります。

これは妊娠中に高まった女性ホルモンの濃度が出産後に一気に通常レベルに戻るために生じる現象なのですが、
これが更年期にはいり、
女性ホルモンの分泌量が低下して抜け毛を増加させるメカニズムと同じなのです。

また、女性ホルモンに加えて男性ホルモン(DHT:ジヒドロテストテロン)の分泌量が増加することも関係しています。

もともと女性も男性ホルモンが微量ですが分泌されています。

閉経をすると男性ホルモン量が相対的に増加するため、
AGAと似たようなメカニズムで薄毛となることが考えられています。

 

🔹生活習慣

 

生活習慣としては、ストレス・髪の成長に関係する成長ホルモンの分泌を促すために十分な睡眠がとれていない、

ダイエットなどの無理な食事制限が考えられます。

 

 

🧤薄毛改善をするために取り組んでいただきたいこと

 

食事はバランスよく摂りましょう。
肉食に偏った食事や糖(炭水化物)
摂取が異常に多い食事は、
皮脂を余計に分泌させ、
薄毛の原因になります。

亜鉛・タンパク質・ミネラルをたくさん摂ると、より発毛の効果が高まります。

 

シャンプーをしっかりれば、
毛穴がキレイに保たれ頭皮の血流量が増えます。

お風呂から出た後は、頭皮を動かすようにマッサージをして可能であれば育毛剤を付けた後にもう一度マッサージをします。

こうすれば頭皮は柔らかくなり血流量が増えます。

 

そして髪に栄養が行きやすくなり、
育毛剤の効果を最大限に引き出してくれるのです。

頭皮は濡れたままにしておくと頭皮環境が悪くなるので、すぐに頭皮を乾かしましょう。

そして、睡眠を充分にとって下さい‼️

 

特に「PM10:00~AM2:00」の間は、髪・頭皮の新陳代謝が活発になる時間です。

この4時間は必ず寝るようにしましょう。

この時間に寝ても、頭皮が汚れていると新陳代謝が弱まってしまうので、頭皮を清潔に保つのは必須です。

 

 

過度な飲酒・喫煙は、血管を細め血流を悪くしますのでNGです。

ストレスも脱毛を促進させますので、趣味やスポーツなどでうまく発散することが必要です。

日常生活を見直し、継続して毎日行っていく事がとても大事です。

 

 

2020年08月14日

こんにちは!!

 

 

 

身体にとっても、頭皮にとっても

腸内環境はとっっても大事なことは何度かお伝えしておりますが

そもそも、善玉菌、悪玉菌ってなんなの??

それをよくするには??

今回は、腸内細菌についてお伝えさせて頂きます!!

 

 

~もくじ~

腸内環境とは

善玉菌とは

悪玉菌とは

腸内細菌を良くさせるには

 

 

腸内細菌とは

人間の腸には300種類、100兆個、重さにして1キログラムの

細菌がいると言われています。

腸内細菌は大きくわけて

善玉菌、悪玉菌、日和見菌と3つの種類があります。

理想は20:10:70と言われていてそれぞれの

バランスが大事と言われています。

善玉菌が多いと日和見菌も整腸に役立つ働きをしますが、

悪玉菌が多いと日和見菌も身体に悪影響な働きを起こしてしまいます。

 

 

善玉菌とは

善玉菌の代表格は、ビフィズス菌、乳酸菌がよく知られているかと思います。

他にも善玉菌は約500種類以上の菌が存在しています。

健康維持や生命活動にとっても大事な善玉菌ほかにも

 

🔻悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境のバランスを整える。

🔻体に有益な物質をつくり、代謝をよくする。

🔻病原菌の活動を阻止して、感染症を防ぐ。

🔻腸のぜん動運動を促進し、排便をスムーズにする。

🔻免疫力をアップさせる。

🔻発がん性物質を分解する。

🔻ホルモンの代謝にかかわる。

善玉菌はこれだけの働きを助けてくれます。

 

 

 

悪玉菌とは

悪玉菌の代表各は、大腸菌、ウェルシュ菌などがあげられます。

衛生面で増える原因もありますが

動物性脂質の多い欧米食を食べ続けたり

ストレスが過度に感じ続けていると

悪玉菌が優位となり腸内環境が悪化するばかり

腸内には腐敗菌が増え、毒性のアンモニアやアミン、硫化水素などの有害物質や、発がん性物質が増える可能性もあがります。

 

これらの有害物質や発がん性物質は、

腸から吸収され、血液を介して全身へ運ばれてしまいます。

とくに便秘の場合、消化物が移動するスピードが遅い分

老廃物などが長く腸内にとどまるので、腸内環境、身体にさらにダメージを

与えてしまいます。

 

 

悪玉菌優位になると

🔻血液を介してめぐる毒素が肌にダメージを与え、肌荒れやニキビの原因になる。

🔻白血球の一種のリンパ球は小腸や大腸にもっとも多く、腸管免疫と呼ばれています。腸内細菌のバランスがくずれると、腸管免疫の働きが低下するので、免疫力低下、口内炎、カゼなどの感染症、大腸がんを発症しやすくなる。

🔻腸内環境が悪くなると、代謝がスムーズに行われなくなるので、太りやすくなったり、生活習慣病を発症させる原因になる。

🔻腸内細菌は、幸福感やポジティブな思考をつくるセロトニンやドーパミンの合成にもかかわっています。腸内環境が悪いと、これらをうまく合成できないのでウツな気分になりやすい。

🔻便秘が続くと腸内環境が悪化。腸内環境が悪化すると便秘が治りにくいという悪循環におちいってしまいます。

 

 

腸内細菌を良くするには

悪玉菌によって作り出された有害物質は

大腸粘膜の血管に吸収され血液を通して全身に充満していくことが分かり

健康にも美容にも頭皮にも影響があることが分かりました。

そこで
腸の働きを良くする善玉菌を増やしたり

活性化するため必要な食品をお伝えします!!
食物繊維と発酵食品です☆

 

 

食物繊維は2つに分類され
⚫️水溶性食物繊維
果物→ りんご、みかん
野菜→ 人参、キャベツ、トマト
寒天や海藻類
* 下痢になりやすい方におすすめ

 

⚫️不溶性食物繊維
大豆やイモ類、ゴボウなどの根菜類
キノコ類、穀物
* 蠕動運動が弱いために起こる弛緩性便秘に当てはまる

便秘になりやすい方が摂るのが良い

 

 

⚫️発酵食品
代表的な乳酸菌は便秘や肌荒れを引き起こす悪玉菌を抑制し、

腸内環境を整え免疫力を高める

・動物性乳酸菌→ ヨーグルト、チーズ

・植物性乳酸菌→ 味噌、納豆、漬物、キムチ
摂取するならば植物性乳酸菌が
オススメ💡
動物性乳酸菌は単体で動くので胃酸でほとんど菌がやられてしまい腸まで届かないのに対して植物性乳酸菌は色んな物質とくっつくので胃酸にやられず腸まで届けることができます。

 

●おすすめサプリメント

 

●☆オリゴ糖と便秘の関係
オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり、善玉菌を増やす作用があります。
ミネラルの吸収を高め、腸内環境を整え便秘の改善を促してくれます。

「食品」
玉ねぎ、アスパラガス、ニンニクなどの野菜類
ハチミツ
味噌、醤油などの発酵食品

 

●睡眠不足は腸にフローラの代謝異常を招くので

睡眠もしっかりととるようにする。

 

●加工食品はNG

腸内フローラのバランスを壊すまたは、腸内に混乱を招くとわかっている食品

・農薬(殺虫剤、防カビ剤、殺鼠剤)
・加工食品:過剰な摂取は病原菌のエサになる。
・抗生物質の常用もしくは乱用:ほとんどの抗生物質は、善玉、日和見に関係なくすべての細菌を始末してしまいます。
・食品添加物や保存料
・塩素処理飲料水:塩素は抗生物質の一種。消毒には素晴らしい効果を発揮するが少量でも腸に入ると細菌が次々にダメになります。水道水に塩素処理を行っている地域に住んでいるなら塩素を取り除くフィルターを付けるといいでしょう。

 

 

 

腸は必要な栄養を摂取して

身体に吸収してくれるとても大事なところです。

薄毛、抜け毛が気になる方も頭皮への栄養を運ぶためには

腸が大切です。

腸内環境を整える食生活なども心掛けていきましょう。

何をまず初めていいかわからない方はお気軽にごそうだんくださいませ。

2020年08月09日

夏の紫外線ダメージや普段の生活習慣など、

年々薄毛進行していませんか??

薄毛を心配している方は

薄毛の前兆を確認しておくことが大切です。

薄毛は、放置すると進行する恐れがあるため、できるだけ早く気付き対策して行く必要があります✅

薄毛の初期症状は目に見えて薄毛の範囲が広くなるわけではないため、見るべきポイントをしっかりと押さえておきましょう☝🏻

薄毛の前兆、薄毛に気づいたらすぐに始めたい対策についてご紹介します!!

こんな症状に注意!薄毛の前兆とは

こんな症状に注意!ハゲの前兆とは

 

薄毛とは、一般的に髪が薄く頭皮が透けて見えたり、生え際が後退したりした状態を表します。

次のような症状が現れた場合は、次第に髪のボリュームが失われていき、生え際も後退する可能性があります。

▫️頭頂部が薄くなったり生え際が後退したりしている

薄毛の原因の一つ「AGA」は、

生え際が後退したり頭頂部が薄くなったりすることが特徴です。

そのため、生え際と頭頂部に注目することで、薄毛になり始めているかどうかがわかります。鏡で見て、明らかに薄毛の前兆が見られた場合は、すでに進行している可能性があります⚠️

できるだけ早いタイミングで薄毛に気づくために、普段から生え際と頭頂部の薄さをチェックしておきましょう✅

▫️髪が以前よりも細くなった

髪が以前よりも細くなった場合は、

薄毛が進行している可能性があります。

AGAは、ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の影響で、髪の成長が妨げられることが特徴です。

成長が妨げられると、細くて弱々しい髪が増えます。また、頭皮への栄養の供給が低下している場合にも、髪の栄養不足によって細くなってしまいます。

いずれの場合も薄毛につながるため、髪が以前よりも細くなったと感じた場合は、早めにご相談下さい。

また、あらかじめ髪の細さをチェックしておき、薄毛が進行した際に気づけるようにしておきましょう。

▫️ヘアセットがまとまりにくくなった

髪が細く弱々しくなると、ヘアワックスを使ってもヘアスタイルがまとまらなくなります。

髪同士がワックスでまとまらず、パラパラとさまざまな方向へ動いてしまうのです。

ただし、髪が乾燥しやすい冬に起こりやすい症状でもあるので1年を通して要チェック☝🏻

ヘアスタイルがまとまらない場合は、髪の細さをチェックしましょう✅

細い髪が多いほどに、ヘアスタイルがまとまりにくくなります。

▫️抜け毛が目に見えて増えた

人は、健康な状態でも1日100本前後の毛が抜けます。

しかし、一気に抜けるわけではないため、

抜け毛には気づきにくいのです。

これが1日150本や200本と抜けるようになると、抜け毛が目に見えるようになります。

また、いつもより少ない日数で浴室の排水口に毛が溜まるなど、間接的に抜け毛の増加を認識できるようにもなります…

なお、夏から秋にかけては一時的に抜け毛が増えるため、抜け毛が増えたら必ず薄毛になるわけではありません。

抜け毛が多い状態が長く続く場合は、薄毛の前兆といえるので要チェックです✅

▫️頭皮が硬くなった

頭皮が硬くなると、血行が悪くなって髪への栄養の供給が低下し、薄毛になりやすいといわれています。

しかし、頭皮は血流が豊富なため、頭皮が硬くなることで薄毛のリスクが大きく上がるとは考えにくいとされています。

ただし、「頭皮の硬さ」と「薄毛」が無関係だと証明されているわけでもないため、

注意しておいた方がいいでしょう。

▫️頭皮にかゆみや赤みがある

頭皮のかゆみや赤みは、炎症に伴う症状です。毛穴に炎症が起こると、毛が抜けてしまう可能性があります。

広範囲にわたり強い炎症が起こると、それだけ多くの毛が抜けて薄毛になるでしょう🆘

頭皮のかゆみや赤みは放置せず、できるだけ早く医療機関を受診することが大切です。

▫️最近フケが増えた

フケが増えた場合は、頭皮環境が乱れている可能性があります。

フケは、頭皮の角質がはがれたもので、頭皮が乾燥しているときに増えるのです。

頭皮が乾燥していると、小さな刺激でも炎症が起こるようになり、結果的に抜け毛が増える場合があります。

薄毛の前兆を調べるときに見たいポイント

ハゲの前兆を調べるときに見たいポイント

 

薄毛の前兆を調べるときには、特定の部位に注目が必要です。見るべきポイントを間違えると、薄毛の前兆を正確に察知できません。

次のようなポイントに注目しましょう。

▫️前髪の生え際の後退度

前髪の生え際がどれだけ後退しているかチェックしましょう。

これまで、指4本分だったのが5本分になった場合は、明らかに薄毛が進行しています。

頭頂部は、鏡で見て薄さをチェックできますが、前髪の生え際は一目見ただけでは後退度がわかりません。

普段から、定期的に額の広さをチェックして、いち早く薄毛の進行に気づくことが大切です。

▫️抜けた毛の毛根

抜けた毛の毛根に注目しましょう。

毛根部分が膨らんでいるものは、正常なヘアサイクルによって自然に抜けた毛と考えられます。

しかし、毛根が膨らんでいない場合は、ヘアサイクルに何らかの問題が起きている可能性が高いです。AGAや髪の栄養不足などが考えられるため、すぐにご相談下さい🆘

▫️頭皮環境

頭皮に赤みやかゆみ、カサつきなどがないかチェックしてください。

頭皮環境が乱れた状態では、健康な髪が成長しないため、その状態が続くと薄毛になる可能性があります。

鏡で見たり、友人や家族に見てもらったりして、前頭部から頭頂部、側頭部、後頭部までチェックしましょう。

▫️毛のハリと太さ

毛のハリと太さからは、髪がしっかり成長しているかどうかがわかります。

毛が弱々しくて細い場合は、髪の栄養不足やAGAなどの原因で十分に成長していない可能性があります。

ただし、成長途中の髪の可能性もあるため、それだけで薄毛が進行しているとは言い切れません。

▫️寝ぐせがつくかどうか

「以前は、よく寝ぐせがついたのに、最近はつかなくなった」という場合には、髪のボリュームが失われている可能性があります。

寝ぐせがつくには、ある程度のボリュームと太さやコシが必要です。

そのため、寝ぐせがつかなくなった場合は、髪のコシや太さ、ボリュームに問題があると考えられます。

最近薄毛が進行してきたかも💦今すぐ始めたい対策

最近ハゲてきたかも!今すぐ始めたい対策

 

「最近、薄毛になってきたかも💦」と思った場合は、次のような対策を始めましょう。

▫️シャンプーの回数や方法を見直す

1日何回もシャンプーしたり、ゴシゴシと洗ったりすると、頭皮が乾燥してしまいます。

シャンプーは1日1回、指の腹で丁寧にやさしく洗うことを心がけましょう。

また、熱すぎる湯は皮脂を必要以上に落とすため、ぬるま湯で洗うことが大切です。

基本的に、シャンプーは毎日するもののため、間違った方法が身についていると、頭皮環境が乱れてしまいます。

▫️生活習慣を整える

十分かつ良質な睡眠や栄養バランスの良い食事、適度な運動、飲酒や喫煙を控えるなど、生活習慣を整えることが大切です。

睡眠や栄養、運動は、いずれも髪の成長に大きく関係しています。

また、飲酒や喫煙は結果的に髪の栄養不足を招くため、できるだけ控えてましょう⚠︎

少しでも睡眠の質を高めるために、寝る前にスマホやテレビなどブルーライトなどの刺激を受けないようにしましょう。

また、できるだけ自炊したり、エレベーターを使わず階段を利用したり、工夫しながら生活習慣を整えていきましょう。

▫️食事の栄養バランスを見直す

タンパク質やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養をバランスよく摂取しましょう。

コンビニ食や外食が中心だと、どうしてもタンパク質や脂質、糖質が多く、ビタミンやミネラルが不足します。

常備野菜や冷凍野菜などを取り入れたり、魚介類を積極的に食べたりしましょう。

また、サプリで栄養を補うのも一つの方法ですので栄養の補助として活用してみるのも良いでしょう🌿

▫️髪の毛の専門家に相談する

薄毛の症状や薄毛で気になる方はまず、

発毛サロンや育毛サロンにご自身の状態をご相談やチェックして頂くこともおすすめです。

「本当に、薄毛が進行しているのか」

「何が原因なのか」など、さまざまな情報を得て頂き、また、生活のアドバイスも得られるため、薄毛進行の予防につながります。

🔻薄毛の前兆が現れたらできるだけ早くご相談ください

薄毛の中でもAGAは、放置すると進行します。

そのため、薄毛の前兆が現れたら、できるだけ早くケアすることが大切です。

スーパースカルプ発毛センターへまずご相談下さいませ🌿

2020年07月28日

こんにちは。

 

髪の毛を発毛させるにはまず≪ヘアサイクル≫を知ることが重要です。

 

 

🔸ヘアサイクルとは!?

 

シャンプーやブラッシングをすると、髪が抜けますね?
1日に平均で80〜100本は自然に髪の毛が抜け落ちると言われていますが、毛髪が完全になくならないのはなぜでしょうか??

それは!!
髪には寿命があり古くなった髪の毛は抜け落ちますが、やがて新しい毛が生えてくる《サイクル》があるためです。

これをヘアサイクルといい、「成長期」・「退行期」・「休止期」の3つのステージに分かれています。

 

 

 

🔸ヘアサイクル

 

《成長期》

まさに髪がぐんぐんと成長する段階です。
髪の毛の元である毛母細胞の細胞分裂が活発に行われ、毛球部で作られた毛は、その後、上部へと押し上げられます。

人間の髪の毛は、約10万本あると言われています。

その約85%が成長期の段階にあり、一般的には2〜6年で次のステージへと変わります。

 

《退行期》

休止期に移行する過程の時期です。毛母細胞の細胞分裂が衰え、毛球が退縮し、完全に退化します。この期間はおおよそ、1〜2週間程度と言われます。ヘアサイクルの最終段階である休止期では、髪の毛の製造がストップし、古くなった髪の毛が抜け落ちます。このステージは、約3〜4カ月かけて終了します。

男女や個人で差がありますが、女性の場合、平均的に4〜6年でヘアサイクルが一周し、一生で15〜30回ほどのヘアサイクルを繰り返すといわれています。

 

《休止期》

毛母細胞での細胞分裂が停止し、休止期に入り脱毛が始まります。

成長が止まった後は、頭皮表面に向けてだんだん上に上がっていき、

抜け落ちる準備をします。

2~3ヶ月間この状態が続いている間、

奥では新しい髪の毛の製造準備が始まります。

※休止期の状態は、髪全体のおよそ10%~20%を占めていると言われています。

 

 

 

 

 

🔸ヘアサイクルの乱れが薄毛の原因に!?

 

 

成長期の髪の比率が少なくなり、休止期の髪が多くなるといったヘアサイクルの乱れは、薄毛の一因でもあります。

ヘアサイクルが乱れる原因はいくつかあり、ストレスや生活習慣の乱れ
(睡眠不足や運動不足、喫煙や過度の飲酒など)に加え、間違った頭皮ケアや季節的な要因、加齢などさまざまです。

ストレスやよくない生活習慣、間違った頭皮ケアは、頭皮の血流を悪化させます。
頭皮の血流が悪くなると、ヘアサイクルにも悪影響が…💭

 

 

 

🔸季節で乱れるヘアサイクル

 

 

「秋口に抜け毛が増える」と実感している人も多いようですが、

これは、成長期にある毛の比率が、季節が原因で変化しているためです。

休止期の毛の量がピークとなるのは、7月だといわれます。

 

休止期は約3カ月かけて終了するため

10月ぐらいまでは自然脱毛が増加するというわけです。

 

 

 

🔸脱毛のメカニズム

 

 

通常、毛根の一番下の部分にある
「毛乳頭」(髪の毛を造るために必要な栄養を血液から送り届けられる組織)から

栄養が受け渡された「毛母細胞」(毛髪の製造工場)が細胞分裂を繰り返すことによって髪の毛が造られ、その髪が上に押し上げられて毎日生長しています。

 

また生長のスピードは個人により差がありますが、

1日24時間で約0.3・4mm~0.5・6mmと言われています。

 

しかし、毛乳頭への血液の流れが悪くなったり

ストレスやホルモン・皮脂の過剰な分泌、ビタミン不足といった

様々な原因により、「悪玉ホルモン(DHT)」が作られ、

《悪玉男性ホルモン》の攻撃により髪の毛がプツッと脱毛し抜け落ちてしまいます。

 

 

 

🔸 なぜ、スーパースカルプ発毛センターなら、あなたの髪が生えてくるのか?

 

 

当サロンは悪玉ホルモン(DHT)の発生を抑え、

活動を低下させる画期的な最先端機器をベースにした施術です。

つまり「薄毛の原因そのもの」にアプローチして、根本の原因を取り除き、

乱れたヘアサイクルを正常なヘアサイクルへと戻す事が可能なのです!

 

 

 

🔸スーパースカルプ発毛センター最先端発毛療法

 

 

発毛療法1
頭皮の毛細血管を拡張し血行を促進

 

専用トリートメントとマッサージ・専用機器で、縮小した毛細血管を拡張して、血流を増大させて、毛根に栄養が届きやすい頭皮環境にしっかり整えます。

 

 

 

発毛療法2
毛穴の奥の皮脂や角栓を除去

当社の角栓ジェット(マイクロジェット噴流)を使うことで、毛穴の奥の汚れを根こそぎ取り除き、十分な酸素を供給できる状態にするとともに、その後の育毛剤が乳毛頭・毛母細胞に届くための通り道を作ります。

 

 

発毛療法3
ヘアサイクルの成長期を長くする

当社製品で髪の毛の生えかわるヘアサイクルの成長期を長くするため、脱毛の原因であるジヒドロテストステロンを抑制するお手伝いをしています。

 

 

発毛療法4
生活週間を指導

 

なぜ、「暴飲・暴食やタバコ・睡眠不足などの生活習慣の乱れ」が脱毛につながるのか。この正しい知識で、現在の生活習慣の改善を指導させていただきます。

 

 

発毛療法5
遺伝的な要素 による薄毛も解決

一般的に遺伝的な要素で5-αリダクターゼという酵素の分泌が多い方がいますが、その遺伝的な薄毛も当社製品と施術で解決しています。

 

 

 

スーパースカルプ発毛センター大津膳所店・京都四条烏丸店は

お客様の現在の頭皮の状態に合わせて、本当に発毛の効果が出るように、

施術を行います。

お客様皆様の頭皮状態や体質が同じであれば同じ施術で良いと思いますが、

一人ひとりの頭皮や体質に合わせた施術で、

現在の実績が出ていると言っても過言ではないでしょう。