2021年09月19日

こんにちは🌼

 

突然ですが、みなさんは食事の際に栄養バランスを気にされますか?
お家でご飯を作る時、、コンビニやスーパーでおかずを買う時、、
栄養バランス偏ってはいませんか?

 

体のためにはもちろん、薄毛の改善・予防にも栄養バランスはとっても大切なのです!

 

 

 

 

薄毛対策に必要な三大栄養素

 

🔹タンパク質
🔹ミネラル
🔹ビタミン

 

こちらの三大栄養素を摂ることはとても大切ですが、これらだけを取ればいい・一種類ばかり食べ続ければいい、、というわけではありません!
バランスを考え、様々な栄養素を体に取り入れることが大切です。

 

では、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう!

 

 

🔹タンパク質

 

髪の毛はケラチンと言われるタンパク質で構成されています。
そのため、髪の毛を育てる・生やすには欠かせない栄養素です。
ケラチンは食事で摂取したタンパク質をもとに、体内で分解後再結合して生成されます。

 

タンパク質が不足してしまうと、命の維持に必要なタンパク質が優先的に使われてしまうので、髪の毛まで行き届かなくなります。
その結果、髪の毛が細くなり薄毛の原因となる可能性があるのです!

 

タンパク質はお肉や魚・卵・乳製品・大豆などに多く含まれております。

 

 

 

🔹ミネラル

 

亜鉛などのミネラルは身体や骨を作るだけでなく、髪の毛の健やかな成長にも欠かせない栄養素です。
髪の毛に栄養を送る毛細血管の増殖を促進させるだけでなく、薄毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑制する作用も期待できます。
また、ミネラルにはストレスを抑制する働きもあり、イライラからくる抜け毛・薄毛対策にも効果が!

 

ミネラルの中でも特に亜鉛は、頭皮や髪の毛の再生促す働きがあるので、一般的に薄毛改善に役立つとされています。

 

亜鉛は何もしていなくても、1日に15mgほど消費されてしまい、飲酒や喫煙・過度なストレスによっても減少してしまうので意識的に摂取することが大切です!

 

亜鉛(ミネラル)は、牡蠣やレバー・納豆・ナッツ類などに含まれております。

 

 

 

🔹ビタミン

 

ビタミンAやビタミンBなど各種ビタミン類も頭皮の環境を整え、健やかな髪の成長をサポートしてくれる薄毛対策に必要不可欠な栄養素です。
“細胞の代謝を促進する” “血液の流れを良くする”といった働きもあり、頭皮に栄養を行き渡らせるためには欠かせません。

 

代謝をアップし、血流促進の効果もあり頭皮環境を良くする働きのビタミンAは、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜に含まれています。
髪の毛の元となるケラチンの生成を助ける働きのあるビタミンBは、アサリやマイタケ、ししゃもなどに含まれています。

 

 

薄毛予防・改善のために取り入れたい食べ物

 

 

🔸お肉

 

お肉には消化吸収に崩れたタンパク質を多く含む食材です。
なかでも、亜鉛やビタミンAなどが豊富な豚レバーは頭皮環境改善に役立ちます。
ただ、脂身の多いお肉を摂取しすぎてしまうと、皮脂の過剰分泌に繋がりますので、脂身の少ないものを選ぶのがポイントです。

 

 

🔸納豆

 

納豆には薄毛の原因となる男性ホルモンの抑制効果があるイソフラボンが多く含まれます。
それだけてなく、タンパク質や血液がサラサラになる効果のある納豆キナーゼなども含まれているので、薄毛改善の効果が期待できます。

 

 

🔸卵

 

髪の毛を作るのに必要な栄養素がほとんど含まれているのが卵です。
育毛効果が高く髪の毛を作る上で欠かせないビタミンH、髪の毛の成分であるレシチン、亜鉛なども豊富なので、1日1個食べるのがオススメです!
ただ、60度以上の熱でレシチンは壊れてしまうので、熱しすぎないよう気をつけましょう。

 

 

🔸ナッツ類

 

ナッツ類にはビタミンEが豊富で、身体の老化防止効果が期待できます。
そして発毛環境を活発化する働きや薄毛の改善・強い髪の維持にも効果があります。

 

 

🔸牡蠣

 

牡蠣にはビタミンやミネラル、タンパク質などが豊富で”海のミルク”とも呼ばれています。
牡蠣に含まれる栄養素の中でも、特に細胞分裂の活性化作用がある亜鉛は、髪を強く丈夫にしてくれるので薄毛の改善にオススメです。

 

 

🔸緑黄色野菜

 

ビダミン類やミネラルが豊富な緑黄色野菜も薄毛改善には欠かせない食品です。
ただ、冷たいものを食べすぎてしまうと体を冷やし血行を悪くする恐れがあるので、サラダだけでなく、火を通して食べるのも効果的です。

 

 

 

 

こんな食生活はNG❌

 

 

🔺過度なダイエット

 

過度なダイエットにより急激に食事を減らせば、摂取できる栄養素やエネルギーも急激に減ってしまうので、頭皮や髪に十分に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

 

 

🔺外食ばかり

 

外食が多くなってしまうと、食べるものが偏りがちになり、栄養バランスが崩れやすくなります。
また外食は、動物性脂肪が多い高カロリーな食事が多い傾向があるので、外食が増えてしまうと脂肪分を取りすぎてしまい皮脂が過剰に分泌する恐れがあります。

 

🔺過度な飲酒

 

お酒は適量だと、血行を良くすると言われていますが、過度な飲酒は薄毛の原因となるため注意が必要です。
アルコールには有害な物質を発生させ、薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンを増加される恐れがあります。
また、有害な物質を無害化されるためにビタミンなどの栄養素が使われます。
それらが使われてしまうと髪の毛まで栄養が行き渡らなくなってしまい、髪の毛が栄養不足のなることも考えられます。

 

 

 

 

いかがでしかた?

頭皮・髪の毛のために摂取するべき栄養素、
それらの栄養素が豊富に含まれている食べ物を進んで摂取できるよう食事バランスを意識することは、薄毛対策・改善にはとても大切なのです!

そして、食事のバランスを意識するのと共に、食生活のNG行為をしてしまっている方はそちらも控えていけるよう意識しましょう。

食事のバランスを見直して、身体はもちろん頭皮や髪の毛のためにも、必要な栄養素を常に摂取できるようがんばりましょう!

2021年09月05日

 

 

薄毛を心配している方は薄毛の前兆を確認しておくことが大切です。

薄毛は、放置すると進行する恐れがあるため、できるだけ早く気付き対策して行く必要があります!!

薄毛の初期症状は目に見えて薄毛の範囲が広くなるわけではないため、見るべきポイントをしっかりと押さえておきましょう☝🏻

 

 

薄毛の前兆、薄毛に気づいたらすぐに始めたい対策についてご紹介します!!

 

こんな症状に注意!薄毛の前兆とは

 

薄毛とは、一般的に髪が薄く頭皮が透けて見えたり、生え際が後退したりした状態を表します。

次のような症状が現れた場合は、次第に髪のボリュームが失われていき、生え際も後退する可能性があります。

 

薄毛の原因の一つ「AGA」は、生え際が後退したり頭頂部が薄くなったり

することが特徴です。

 

そのため、生え際と頭頂部に注目することで、薄毛になり始めているかどうかがわかります。鏡で見て、明らかに薄毛の前兆が見られた場合は、すでに進行している可能性があります⚠️

できるだけ早いタイミングで薄毛に気づくために、普段から生え際と頭頂部の薄さをチェックしておきましょう✅

 

AGAは、ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の影響で、

髪の成長が妨げられることが特徴です。

 

成長が妨げられると、細くて弱々しい髪が増えます。

また、頭皮への栄養の供給が低下している場合にも、髪の栄養不足によって細くなってしまいます。

いずれの場合も薄毛につながるため、髪が以前よりも細くなったと感じた場合は、早めにご相談下さい。

また、あらかじめ髪の細さをチェックしておき、薄毛が進行した際に気づけるようにしておきましょう。

人は、健康な状態でも1日100本前後の毛が抜けます。

しかし、一気に抜けるわけではないため、抜け毛には気づきにくいのです。

これが1日150本や200本と抜けるようになると、抜け毛が目に見えるようになります。

また、いつもより少ない日数で浴室の排水口に毛が溜まるなど、間接的に抜け毛の増加を認識できるようにもなります…

なお、夏から秋にかけては一時的に抜け毛が増えるため、抜け毛が増えたら必ず薄毛になるわけではありません。

抜け毛が多い状態が長く続く場合は、薄毛の前兆といえるので要チェックです✅

 

 

頭皮が硬くなると、血行が悪くなって髪への栄養の供給が低下し、

薄毛になりやすいといわれています。

 

しかし、頭皮は血流が豊富なため、頭皮が硬くなることで薄毛のリスクが大きく上がるとは考えにくいとされています。

ただし、「頭皮の硬さ」と「薄毛」が無関係だと証明されているわけでもないため、

注意しておいた方がいいでしょう。

頭皮のかゆみや赤みは、炎症に伴う症状です。毛穴に炎症が起こると、毛が抜けてしまう可能性があります。

広範囲にわたり強い炎症が起こると、それだけ多くの毛が抜けて薄毛になるでしょう🆘

頭皮のかゆみや赤みは放置せず、できるだけ早く医療機関を受診することが大切です。

薄毛の前兆を調べるときに見たいポイント

 

 

薄毛の前兆を調べるときには、特定の部位に注目が必要です。見るべきポイントを間違えると、薄毛の前兆を正確に察知できません。

次のようなポイントに注目しましょう。

 

①前髪の生え際の後退度

 

前髪の生え際がどれだけ後退しているかチェックしましょう。

これまで、指4本分だったのが5本分になった場合は、明らかに薄毛が進行しています。

頭頂部は、鏡で見て薄さをチェックできますが、前髪の生え際は一目見ただけでは後退度がわかりません。

普段から、定期的に額の広さをチェックして、いち早く薄毛の進行に気づくことが大切です。

 

②抜けた毛の毛根

 

抜けた毛の毛根に注目しましょう。

毛根部分が膨らんでいるものは、正常なヘアサイクルによって自然に抜けた毛と考えられます。

しかし、毛根が膨らんでいない場合は、ヘアサイクルに何らかの問題が起きている可能性が高いです。AGAや髪の栄養不足などが考えられるため、すぐにご相談下さい🆘

 

③頭皮環境

 

頭皮に赤みやかゆみ、カサつきなどがないかチェックしてください。

頭皮環境が乱れた状態では、健康な髪が成長しないため、その状態が続くと薄毛になる可能性があります。

鏡で見たり、友人や家族に見てもらったりして、前頭部から頭頂部、側頭部、後頭部までチェックしましょう。

 

④毛のハリと太さ

 

毛のハリと太さからは、髪がしっかり成長しているかどうかがわかります。

毛が弱々しくて細い場合は、髪の栄養不足やAGAなどの原因で十分に成長していない可能性があります。

ただし、成長途中の髪の可能性もあるため、それだけで薄毛が進行しているとは言い切れません。

 

⑤寝ぐせがつくかどうか

 

「以前は、よく寝ぐせがついたのに、最近はつかなくなった」という場合には、髪のボリュームが失われている可能性があります。

寝ぐせがつくには、ある程度のボリュームと太さやコシが必要です。

そのため、寝ぐせがつかなくなった場合は、髪のコシや太さ、ボリュームに問題があると考えられます。

 

今すぐ始めたいい薄毛対策

 

 

「最近、薄毛になってきたかも💦」と思った場合は、次のような対策を始めましょう。

 

シャンプーの回数や方法を見直す

 

1日何回もシャンプーしたり、ゴシゴシと洗ったりすると、頭皮が乾燥してしまいます。

シャンプーは1日1回、指の腹で丁寧にやさしく洗うことを心がけましょう。

また、熱すぎる湯は皮脂を必要以上に落とすため、ぬるま湯で洗うことが大切です。

基本的に、シャンプーは毎日するもののため、間違った方法が身についていると、頭皮環境が乱れてしまいます。

 

生活習慣を整える

 

十分かつ良質な睡眠や栄養バランスの良い食事、適度な運動、

飲酒や喫煙を控えるなど、生活習慣を整えることが大切です。

 

睡眠や栄養、運動は、いずれも髪の成長に大きく関係しています。

また、飲酒や喫煙は結果的に髪の栄養不足を招くため、できるだけ控えてましょう⚠︎

少しでも睡眠の質を高めるために、寝る前にスマホやテレビなどブルーライトなどの刺激を受けないようにしましょう。

また、できるだけ自炊したり、エレベーターを使わず階段を利用したり、工夫しながら生活習慣を整えていきましょう。

#スーパースカルプ発毛センター #発毛サロン #育毛サロン #髪のケア

2021年08月22日

私たちは日頃、仕事やプライベートなどのさまざまな場面でストレスを感じることがあります。

ストレスは誰にでも起こるもので、完全に無くすのは難しいですが、溜め込みすぎは避けなければなりません。

今回は薄毛とストレスの関係や、ストレス対策について解説します。

‪💡‬ストレスが薄毛につながる理由

ストレスが蓄積すると、自律神経が乱れやすくなります。

自律神経の乱れは、体にさまざまな悪影響を及ぼすと考えられているため、注意が必要です。

たとえば、「血流の悪化」「不眠症」「身体機能の低下」などが引き起こされ、結果的に薄毛の要因となるおそれがあります。

以下では、自律神経の乱れにともなう悪影響について解説していきます。

 

🔻血流の悪化

自律神経が乱れると、血管が収縮して血流が悪くなると考えられています。

血行不良になるのは、手足などの体だけでなく頭皮も同様です。

そうして頭皮の血流が滞ることで、毛髪を作る毛母細胞に栄養が届きにくくなり、発毛が阻害されるおそれがあります。

自律神経というものは、昼間は交感神経、夜間は副交感神経と、働きが違うものです。

昼は交感神経が働き活動的になるため、内臓や大きな筋肉に血液が多くなり、皮膚や毛根には少なくなっています。

夜は副交感神経が働き、皮膚や頭部などの末梢の血流が良くなります。

このリズムが乱れると、髪を作るための血流が悪くなってしまいます。

 

 

🔻不眠症

自律神経の乱れによって、交感神経が優位の状態が続くと、睡眠への影響が懸念されます。

交感神経が優位になると、体が覚醒状態となり、眠りにつきにくくなるためです。

毎晩の眠りの質が低下し、不眠が常態化すると、睡眠不足で成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいます。

成長ホルモンは髪の成長に関わるため、結果として毛が育たなくなり、薄毛の進行に繋がることがあります。

睡眠の質を良くするためには、夜更かしをしないことです。遅くても12時までにはお休みになることを推奨します。

この時間を守ることで、成長ホルモンが効果的に分泌されます。

 

 

🔻身体(内臓)機能の低下

自律神経の乱れは、内臓の働きを低下させるともいわれます。

内臓機能が低下すると、タンパク質をはじめとした栄養素の吸収率が悪くなってしまう点にご注意ください。

髪を作る主成分のタンパク質が不足することで、健やかな髪の毛が作られにくくなり、髪質が細くなってボリュームが出なくなると考えられています。

自律神経の働きの一つに、内臓の働きを昼と夜によって変化させることもあります。パソコンや携帯などは夜遅くに使用することは控えるようにしましょう。

‪💡‬ストレスを解消するために取り組みたいこと

薄毛につながる可能性があるストレスをできるだけ溜め込まないためには、どんな対策をするべきでしょうか。

ここではストレス解消のために取り組みたいことをご紹介します。

 

🔻定期的に運動やストレッチをする

運動やストレッチをして体を動かすと、適度な気分転換になりストレスが軽減します。

その際は、快適に感じられる程度の運動強度が好ましいでしょう。

辛さを感じるような過度の運動は、かえってストレスが溜まる場合もあります。

強度を調整して、無理なく楽しめるような取り組み方を心掛けましょう。

 

🔻毎朝日光を浴びる

日光を浴びると、セロトニンの分泌量が増加します。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、ストレスを軽減して精神を安定させることで知られています。

そのため、朝に日光浴をする習慣を付けると良いでしょう。

目安としては、起床後1時間以内に日光を浴びるのが効果的とされています。

紫外線が気になる方は、紫外線量が少なめである朝早い時間がおすすめです。

 

🔻家族や友人とコミュニケーションを取る

親しい人との会話によって、ストレスが解消されることがわかっています。

このように身の回りの方とコミュニケーションを取るのは、「ストレスコーピング」の手法の一種です。

ストレスコーピングとは、ストレスに対処する行動のことで、そこでは悩み相談をはじめとして、周囲の人から協力を得る方法も有効とされています。

人に悩みを打ち明けることを通して、不安や苛立ちといった感情に整理がつくことも。

昨今は新型コロナウイルス感染症の流行にともない、人と接する機会が大幅に減り、コミュニケーション不足に陥りがちです。

意識してコミュニケーションを充実させてみてはいかがでしょうか。

🔻趣味に没頭する

趣味のように夢中で楽しめることに没頭する時間は、ストレスの原因から解放された状態となります。

日常から離れる時間を作り、一時的にストレスの原因を忘れられると理想的です。

「趣味が無い」という方は、アウトドアなものでもインドアなものでも、自分が何に興味があるのかを考えてみましょう。

また、友人や家族の趣味に乗じてみることもおすすめです。

🔻栄養バランスの良い食事を心掛ける

ストレスを感じるとき、体内ではカルシウム、マグネシウムといったミネラルやタンパク質、ビタミンなどさまざまな栄養素が消費されています。

日頃の食生活でバランス良く栄養を摂取し、ストレスへの抵抗力を高めましょう。

好きな食べ物だけに偏ったり、過度に食べたりするのは栄養バランスの偏りやカロリー過多につながりますので、ご注意ください。

ミネラル成分が多い食べ物として、根菜類、貝類、海藻類を多く摂るように意識すると良いでしょう。

🔻マッサージでツボを押す

セルフマッサージによるケアを行い、ストレスの緩和が期待できるツボを押してみましょう。たとえば、ストレス対策には以下のツボがおすすめです。

合谷(ごうこく):手の甲側、親指と人差し指の骨が交わった部分にあるツボです(上図)。精神を落ち着けて、自律神経を正常化するといわれます。

百会(ひゃくえ):頭頂部の中心付近にあるツボです。疲労回復やリラックス効果が得られるといわれます。

耳の周りも多くのツボがありますので、側頭部ももみほぐすようにマッサージしてください。ツボ押しのマッサージでは、気持ちが良いと感じられる程度の強さで押すのがポイントです。スキマ時間やリフレッシュしたいときに活用していきましょう。

 

💡‬自分なりのストレス解消法を見つけて薄毛を防ごう

今回は、ストレスが薄毛につながる理由や、ストレスを解消するために取り組みたいことを解説しました。

私たちは、仕事やプライベートなど日常の様々な場面で、少なからずストレスを感じています。

ストレスと上手に付き合い、溜め込みすぎないためにも、自分なりのストレス解消法を見つけることが大切です。

ストレスは慢性的になりますと、自分では気づかないことがありますので、注意が必要です。

2021年08月08日

こんにちは!

 

みなさんは生活習慣の乱れはありませんか?
食事や睡眠、ストレスなどによる生活習慣の乱れは抜け毛や薄毛と大きく関係しています。

生活習慣を見直して、薄毛の予防・改善をしていきましょう!

 

 

 

 

薄毛の予防・改善するために見直すべき5つの生活習慣

🔺食生活 〜必要な栄養素をしっかり摂取する〜

 

髪の毛を生やすのに必要な栄養素は

・タンパク質
・ビタミン
・亜鉛

などがあります。
これらの栄養素を積極的に摂取するよう心がけましょう!

 

▫️タンパク質…
髪の毛の主成分でもあり、髪の毛の成長を促す効果があります。

主な食材…
お肉・魚・卵・乳製品・大豆 etc.

 

 

▫️ビタミン…
血流促進・頭皮環境を整える・血管や頭皮を丈夫に

主な食材…
野菜・果物・豚肉・レバー・大豆 etc.

 

 

▫️亜鉛…
髪の毛の成形・頭皮の脂を抑える

主な食材…
牡蠣・魚介類・レバー・チーズ etc.

 

 

バランスの良い食生活の合言葉
“まごわやさしい” ってご存知ですか?

 

ま…豆類
ご…ごま類
わ…わかめ(海藻類)
や…野菜類
さ…魚類
し…しいたけ(キノコ類)
い…芋類

 

この”まごわやさしい”に含まれる栄養素は、育毛にも効果があり、予防や改善のために意識して取り入れましょう!

 

 

 

 

その一方で、塩分や糖分、脂肪分などの過剰摂取は頭皮環境を悪化させてしまうので、注意しましょう。

 

🔺睡眠 〜質が良い睡眠を十分に〜

髪の毛の成長を促すホルモンは、午後10時〜午前2時にかけての時間帯、深い眠りの最中に分泌されます。
髪の毛を太く、長く成長させるには質の良い十分な睡眠は欠かせません。

睡眠時間も大切ですが、睡眠の質もとても大切です。
どうしても睡眠時間が取れないという方は睡眠の質を上げることを意識しましょう!

 

▫️睡眠の質を上げるポイント

・食事は寝る3時間前までに

 

・入浴で1日の疲れを癒す(2時間前までに)

 

・寝る前の1時間以内はスマホやパソコンを使用しない
→スマホやパソコンなどが放つブルーライトは太陽の光に近い性質のため、脳が時間を誤認識して錯覚してしまうことがあります。

 

・寝る時スマホを頭から1.5メートル以上離す
→スマホは寝てる間にも活動します。目で見てなくても電磁波というものが出てるので無意識に睡眠の妨害をされてしまいます。

 

🔺ストレス対策 〜ストレスを溜め込まない〜

 

 

過度なストレスによりホルモンバランスが乱れると頭皮の中に悪玉男性ホルモンという攻撃物質が生まれます。
この攻撃物質は髪の毛の根本を攻撃し自然に抜け落ちるのではなく、ブチッと脱毛してします。
すると、毛細血管も細くなってしまい十分に酸素と栄養が行き届かなくなり、元気な髪の毛が生えて来なくなります。

ですが、ストレスと無縁の生活って不可能に近いですよね?
普段の生活、お仕事などでどうしてもストレスって溜まってしまいます。

その中で趣味を作る、体を動かすなど自分に合ったストレス発散法を見つけて、ストレスを溜め込まないようにしましょう!

 

 

🔺喫煙 〜禁煙は薄毛改善にとても効果的〜

 

タバコに含まれるニコチンやタールは血管を収縮させ、脆くしてしまいます。
そうなると髪の毛に必要な栄養が十分に行き届かなくなります。

禁煙するのが1番良いのですが、
すぐにタバコをやめるのって難しいですよね。
一気にやめると、ストレスにもなってしまうので徐々に本数を減らしながら禁煙を目指していきましょう。

 

🔺ヘアケア 〜間違ったヘアケアに気をつけましょう〜

 

 

間違ったヘアケアは頭皮にダメージを与え、薄毛の原因になることも…

 

頭皮を清潔に保とうと、1日に何度もシャンプーしてしまう方もいらっしゃると思いますが
実はこれはNG!!
頭皮は洗いすぎると乾燥や抜け毛の原因になります。
シャンプーは1日1回にしましょう!

 

また、シャンプーをせずに寝てしまう方も要注意!
1日の頭皮の汚れやスタイリング剤などが頭皮に残ったまま寝てしまうと、毛穴が詰まり薄毛の原因に。
その日の汚れはその日のうちに洗い流しましょう!

 

薄毛の予防・改善に大切な生活習慣をご紹介しましたが、ご自身に当てはまる悪い習慣はありませんでしたか?

 

悪い習慣から良い習慣へと少しずつ意識を変えていきましょう✨

 

生活習慣の改善にプラスで頭皮のマッサージを行うのも薄毛の予防・改善にはとってもオススメ!

 

頭皮マッサージは頭皮を刺激し、血行を促進させる効果があります。
髪の毛は毛細血管から酸素と栄養をもらって元気な髪の毛を生やします。
ところが、血行が悪いと酸素と栄養が十分に行き渡らなくなり弱くて細い髪の毛しか生えなくなってしまいます。
そのため髪の毛にとって血液を促進させるのはとっても大切です!

お風呂で湯船に浸かっている時やシャンプー中などする時間を決めて行うと習慣化しやすくオススメです✨

 

🔹マッサージのポイント

指の腹を使って優しく揉み込むのがポイントです。
後頭部から耳の後ろ、側頭部、頭頂部、前頭部の順で全体的にマッサージし、頭皮の血行を改善しましょう!

 

簡単で手軽にできるので是非行ってみてください❕

 

 

良い生活習慣を心掛け、合わせて頭皮マッサージで薄毛の予防・改善していきましょう!!